株式会社 飯井建築設計事務所                           かぶしきがいしゃ いい けんちくせっけいじむしょ 

ii OFFICE ビフォーアフタ


このオフィス棟は、もともと『鉄骨平家建ての木材倉庫』だっ建物の中に、新たに『木造2階建ての建物』を造りました。その 〈ビフォー・アフター〉 の現場を写真で紹介します。

 

  

  【Before/長さ4m以上の木材が立て掛けてあった】        【After/明るくなったオフィス】

2006.04.18【新しい木造部分の基礎工事】鉄骨造の建物の中に別の新たな基礎を設けている。配筋の作業をしているところ。

2006.05.10【木材加工】既に屋根があるので、現場が木材の加工場となった。

【大工さんの描いた板図】骨組み材の位置を統一した番号をつけて表している。隅付けや架構の手掛かりにかかせない施工図のひとつ。今回はすべて手加工による仕口・継手での建て方工事を行なった。

2006.05.12【建て方の開始】クレーンが使えないので、すべて人力によって組み立ててゆく

2006.05.12【建て方の様子】

2006.05.18【木造の骨組みが組み上がったところ】鉄骨の外壁下地工事も同時にすすんでいる

2006.05.25【断熱材の施工】 シルバー色の材料が壁に使用したアルミ箔付き断熱材。黄色いものが床用断熱材。今回は外断熱に使う材料を鉄骨下地の内側に隙間なく張り込み、高い気密性と断熱性を確保した。木造から見れば外断熱となる。

【天井下地工事 】軽天下地の場合ビスに伝わる熱橋が結露と汚れの原因になる可能性がある為、その防止策として野縁は木製としている。

2006.06.09【天井の断熱とボードの施工】アルミ箔付き断熱材の下にプラスターボードを張り込む。

 2006.06.05         2006.06.08        2006.06.13  
    力桁の設置       裏の本棚縦枠の設置       段板の差し込み  
  

2006.07.18 【仕上げ完了階段の施工 】段板を支えているのは実は裏の本棚。段板は見えている部分の1.8倍の長さがあります。(詳しくは「7つの試み」のページをご覧下さい)大工さんにはかなりの手間をかけさせてしまいましたが、高い技術力のおかげでしっかりとした階段ができ上がりました。

【塗装の現場塗りサンプル確認】   タモの拭き取り塗装のサンプルをつくってもらう。木目が程よく出るように、色と拭き取り具合の差を比べて決定した。

2006.06.20【造作家具工事】柱間の吊り戸棚を大工さんが施工中。この棚の裏に間接照明の蛍光灯が設置される。

 

● ビフォーアフタ写真集 ●

  

  

  

  

  

   ▲TOPへ戻る