logo株式会社 飯井建築設計事務所

人と自然を大切にしたイマジネイティブな空間作り

ii DESIGN 設計のプロセス … 計画から立案、完成まで

kikaku

敷地の法的条件などを調査します。
敷地の選定についてもご相談に応じます。
建て主と話し合いを重ねながら建物のイメージ作りを行い、ラフスケッチや簡単なプランを作成します。
建築の予定総額をもとに予算配分のアドバイスいたします。

設 計 契 約

設計料は住宅の場合、工事金額の10%が目安です。
規模、構造、敷地、予算等により協議させていただきます。
住宅以外の建築の場合は建物の種類や規模によって異なります。

 

要望に十分お応えできるよう、お時間をください。

打合せを重ねる中で新しい発想も生まれます。
どんなプランにするか、一番わくわくする段階でもあります。

kihon


建築主の希望と予算を元に、諸条件を勘案しながら建築主の望む建物を計画します。
平面図、立面図、断面図、ラフスケッチ、模型などを作成し、設計を進めていきます。
プランに最も適した構造・設備方式を選択します。

jisshi

基本設計に基づき、工事施工および工事費の算出に必要となる詳細な設計図を作成します。
建築確認申請書の届け出および添付書類の作成を行い、建築主の代理者として申請書を
官公庁または指定確認検査機関へ提出します。
施工業者の選定するため、設計図書に基づき、工事費の算出を数社の施工会社に依頼します。
工事契約に際しての判定根拠として用いるほか、工事予算との擦り合わせをし、設計内容の整合性のチェックをします。
お施主様と
相談の上、施工業者を決定します。

工 事 契 約

建築工事契約(建築主と業者の間でかわされる契約)に立ち会い、確認をします。

いよいよ工事着工です。

 

kanri

工事施工に関して、各工事の必要な時期設計どおりの施工が行われているかを、定期的な現場打合せをすることで監理します。
施工が契約図書通りになされているか、材料や製品の品質が守られているかを確認します。
それらに反する場合には、修正させます。技術的に不備である場合なども適正になるよう指示します。
建築工事について工事施工者に即した立場でない、建築主の依頼による第三者的立場から指導監督します。

別 途 工 事

家具、カーテンなどの選定や発注のアドバイスを行います。

 

完 成 検 査

建物が設計通りに完成されているか、機能は満たされているかなどの検査を行います。
手直しが必要であればその指示をいたします。

 

アフターサービス

1年目検査(無料)を行います。


完成した家も、家族の変化と共に年数を重ねていきます。
お施主様とおつきあいを大切に、アフターケアにしっかり対応します。