株式会社 飯井建築設計事務所                           かぶしきがいしゃ いい けんちくせっけいじむしょ 

横浜日吉の家

▶ 住宅データ   横浜市港北区日吉/2003年6月/木造一部RC造 地上2階、地下1階建て /敷地67.37坪/延べ床73.63坪/東光建設(株)

● スキップフロアでつくる二世帯プラン ●

敷地は東急東横線日吉駅から北西へ歩いて10分くらいの坂の多い静かな住宅街にある。玄関を各々設ける独立型の2世帯住宅であるが、時々一緒に食事をするなど行き来がしやすいプランである。

▲ 東と南に道路に接する角地であるが、道路は南側が低く高低差がある。第1種低層住居専用地域の斜線や容積率等きびしい規制に対してぎりぎりクリアしながらの設計となった。

両世帯のリビング・ダイニングは共に南の庭とデッキに面している。子世帯リビングは敷地段差を利用して屋根を低くおさえ、親世帯寝室の日当たり確保している。

▲ 親世帯は東側道路の高い側を玄関とし、車椅子仕様のバリアフリー仕様である。

 

▲ 子世帯の玄関 

     

▲ リビング床のガラスブロック 玄関ホールに光が差し込む。    

▲ 子世帯 ダイニングルーム&キッチン 
床は全面タイル張りで床暖房を設けている。南側は全開口サッシでデッキにつながる。中央引戸を開けると5段上がってリビングへ連続する。キッチン右手奥にはユーティリティともうひとつの庭があり、この庭には親世帯寝室も面している。キッチン奥に別の庭を設け、通風換気に配慮した。

▼キッチンは、親世帯の玄関ホールと行き来できるようにしてあり、交流の場となる。正面のドアが親世帯玄関ホールと接続している。

▲ デッキ側の床はデッキへの出入りと観用植物の為にタイル張りとしている。

 

 

▲▼ 子世帯は南道路の低い側を玄関とし、スキップフロアーで空間が有機的につながるプランとした。

 

▲ 子世帯 個室

 

▲TOPへ戻る