株式会社 飯井建築設計事務所                           かぶしきがいしゃ いい けんちくせっけいじむしょ 

前橋箱田の家

▶ 住宅データ   群馬県前橋市箱田町/2009年2月/木造2階て/敷地171.01坪/延べ床50.33坪/田村建設(株)

● デッキコートのシャラを囲む家 ●

「2009ぐんまの家」設計・建設コンクール 環境に配慮した住宅部門 入賞

hakoda

広い敷地にゆったりとたたずむ箱田町の家は、青い空をバックに連なる山々のようにも見える。中心に向かって屋根の勾配をたどると、その交点にはシンボルツリーのシャラの木が天に向かって枝を伸ばしている。この木を囲むデッキコートを中心に『コの字型 』にプランをレイアウトした。

hakoda

▲ デッキから東を見る  夏はシャラの木が木陰を作り、東棟の西日を遮る。

hakoda

hakoda

hakoda

▲ コの字プランにすることで、北風の入り込まない穏やかな中庭デッキを作っている。床との段差がないので、出入りがし易く、布団干しにも活用されている。

西側建物

▲ 西側玄関アプローチ  ゆったりとした庇は西棟の西日を遮る効果もある。 

hakoda hakoda

スケッチ

hakoda

▲ 中央にあるリビング・ダイニングゾーンは開口部を大きくとり、南からの光をふんだんに取り入れる屋根勾配としている。晴れた冬の日は、朝一時間ほど暖房を入れるだけで一日を過ごせるという。気密性の良い外断熱工法を採用している。写真ではわからないが、庇は中央部分にもあり(ダブル庇)、夏の直射日光を遮ることができる。

hakoda

hakoda

▲▼ キッチン  玄関から近く、食品庫、ダイニング(畳)との連携も配慮した。

hakoda hakoda

▲TOPへ戻る